page_reform
page_reform_s

やねっこ

地球環境に優しく、屋根を塗り替えます。

「やねっこ」は、瓦を原料とした今までにない当社イチオシの屋根吹き付け材です。色落ちした、化粧スレート葺き・金属葺きの屋根を美しく仕上げます。廃材処分するはずの古瓦を独自のリサイクルシステムで原料化させた地球環境にやさしいエコ屋根材。

2~3mm塗ることにより遮熱効果や遮音効果が期待できます。瓦の砕砂を原料としているので色落ちしにくいです。葺き替えではないので、短時間で施工可能。廃材が出ないので大幅に費用削減ができます。

施工面積は、1缶(約20kg)あたり約6平米。色はレンガ・いぶし・緑・白(遮熱)の4色ありますが、配合により中間色もできます。

施工事例はこちら>やねっこ施工例
製造元はこちら>深谷配合粘土工業

reform_yanekko

棟の取り直し工事

ba3_rp
浮いたり剥がれたりした漆喰を補修します。

漆喰は、早ければ10年〜15年程度で浮いたり剥がれたりします。特に直接雨が当たる場所に多い症状です。すぐに雨漏りに繋がることは稀ですが、放置すると経年変化で土が痩せ、棟内部への浸水に繋がります。

このような症状が発生したら、お早めに専門の屋根工事店にご相談ください。

谷樋・谷板の交換

錆びたり穴があいた谷樋・谷板を交換します。

谷樋・谷板は雨が集まる所です。経年変化で老朽化し、錆びが発生する場合があります。そのまま放置すると、穴があき、最終的には雨漏りに至ります。

最近では、酸性雨の影響で、銅製の谷板に穴があくケースが増えています。谷板に起因する雨漏りは、ひどい雨漏りに繋がりますので、是非お早めにご相談ください。

ba5_rp

雨とい交換工事

ba10_rp
変形・割れてしまった雨樋を交換します。

雨といは、四季を通じて紫外線、熱、風雨、雪にさらされる過酷な条件下にあります。梅雨時・台風後・雪解け後など、定期点検が住まいの外観をいつまでも美しく保つ秘訣です。

外壁塗装工事

ba16_rf

外装や木部は、紫外線や排気ガスなどにより思った以上に傷んでいます。触ると粉が付着したり、色あせていたらそろそろ塗装のサイン。

雨漏り、カビの発生、ひび割れも早期塗り替えで解決しましょう。(アクリル・ウレタン・シリコン・フッ素・遮熱・光触媒等)

ベランダ防水工事

reform_balcony

建物の大敵『水』の侵入を止める防水。バルコニーやベランダ、屋上などには用途や環境に応じて多様な防水に対応します。

排水ドレン周辺に水が溜まっていたり、はがれや亀裂が発生していたら早めの工事をおすすめします。(ウレタン防水・シート防水・FRP防水等)

外壁シーリング打ち替え工事

reform_sealing

サイディング外壁のシーリングは、四季の寒暖や紫外線、雨水などの影響により経年変化をおこします。

シーリング材が縮んでしまっていたら打ち替えのサイン。縮んだまま放っておくと漏水へとつながります。10年に一度の打ち替えをお勧めいたします。

軒天井貼り替え工事

reform_nokihari

湿気や結露、雨漏りなどにより腐食した軒天井板の貼り替え工事。

水染みの後、腐食や穴あき等があれば早めの交換をお勧めいたします。放っておくと野鳥が巣を作ってしまったり、害獣などの侵入経路などになる事も…

木製合板材での部分補修や、新建材(ケイカル板等)による全面貼り替えでトラブルを未然に防ぎましょう。

雪止め

reform_yukidome_1

“雪止め”とは、屋根積もった雪を大きなカタマリのまま滑り落とさない役目があります。屋根の上に留まった雪は、日差しを浴び徐々に溶けるので、軒下や玄関下の安全を確保できます。

庭で元気に遊ぶ子供や、道路を歩く人々、近隣住宅への配慮、大切な愛車・カーポート・植木、そして雨樋の保護に役立ちます。

reform_yukidome_2

J瓦 陶器同質材
※後付け可能

reform_yukidome_3

陶器F型
後付け雪止め金具

reform_yukidome_4

陶器J型
後付け雪止め金具

reform_yukidome_5

スレート瓦(コロニアル)
後付け雪止め金具

reform_yukidome_6

金属屋根材(横葺き)用
後付け雪止め金具

reform_yukidome_8

金属屋根材(縦葺き)
後付け雪止め金具

reform_yukidome_9

金属屋根材(縦葺き)
後付け雪止め金具

reform_yukidome_9

金属屋根材(縦葺き)
後付けアングル雪止め

後付け工事例

ba7_rp

後付け用雪止め金具は、ステンレス製で錆に強く、瓦に比べ価格が安いうえに、古瓦の廃材費用がかかりません。

工期もだいたい一日以内で仕上がりますのでお気軽にご相談下さい!

トップライト

2011_1215_133627-DSC_0253

トップライトガラス部分やサッシ枠のゴムパッキン、屋根材下(トップライト取り合い部分)に敷いてある防水シートの経年劣化などによる症状で強風に伴う雨、主に台風やゲリラ豪雨などで雨漏りとなります。

放置すると、洋室であればクロスがはがれたり、下地のボードが崩れたりします。和室であれば無垢板や化粧板など、天井で使用している木材の腐食へとつながり被害が拡大します。

トップライトがある部屋に雨漏りのシミがあったり、度々雨漏りが確認できる場合にはトップライトの交換または、必要でなければ撤去することをおすすめします。

落ち葉除けネット

otiba

雨樋いに詰まる落ち葉や異物を放っておくと雨垂れ樋の破損へと繋がります。特に森林の近くの住宅に関しては落ち葉の詰まりが目立ちます。

雨樋に専用のネットを取り付けることにより中に入る落ち葉や異物をブロックいたします。

もう、自分で屋根に登りお掃除する必要はありません。従来の様に鉄鋼製ではなくプラスチック製なので錆びたりしません。

塩ビ屋根材交換

enbi

塩化ビニールは紫外線や台風により劣化します。劣化し始めると、透明度がなくなり色があせ、穴が開き、ボルトが錆びます。

小さな破損でも突風により、はがれて飛んで行ってしまう可能性があるので大変危険です。定期的な点検・交換をおすすめします。

換気材の取り付け

日本の気候は高温多湿。小屋裏には湿気と熱が隠りやすいので、通気性に良い換気材が必要です。換気材は小屋裏に空気の道をつくり、屋根を呼吸させる画期的な方法。

換気材を取り付ける事により、夏場は日差しにより加熱した熱を野外へ排出、小屋裏の温度を下げ空気の通りを良くする事のよりエアコンの省エネ効果を高めます。冬は蓄積した湿気を野外へ排出し、結露を抑え野地板や天井板の蒸れを防ぎ、建物の耐久性を向上させます。

夏季、小屋裏の温度は60℃を越します。エアコンを付けても部屋の温度がなかなか下がらないのは小屋裏の換気をされていないのが原因の一つと考えられます、空気を巡回させる事は大切です。冬季、締め切った部屋で暖房を付ける事により室内の湿気の逃げ場がなくなります。

雨が降っていないのに天井に雨漏りのようなシミが残ったり、サッシ廻りに水滴が発生する場合は「結露」が原因だと考えられます。「結露」対策の一例としては屋根の棟から換気のできる「換気棟」を取り付ける事で通気を良くし結露を防ぐ事ができます。

munekanki01

換気棟(小屋裏のこもった湿気を外へ排出)

陶器F型瓦

reform_kanki1

換気棟施工

reform_kanki2

外観を損なうことなく使用可能です
(施行後)

ストレート瓦

reform_munekanki_b

換気棟施工

reform_munekanki_a

表面張力で雨水の浸入を防止します
(施工後)

軒天換気口(小屋裏の風の流通を良くします)

reform_nokiten2

後付け用換気口

nokiten03

軒天換気口+換気棟

nokiten04

空気は下から入り上から逃げて行くので、軒天換気口と換気棟は2つで1つにセットがやはり望ましいです。

建物で1番大切な事は空気の流通です。基礎部分に換気口があるのと同じで屋根には必要な物です。また換気をする事により建物の寿命を延ばす効果があります。

快適!熱シャット工法

屋根裏温度を下げることで室内へ伝わる熱を下げる 〜「快適!熱シャット工法」のメカニズム 〜
hd_mecha01

屋根で熱をさえぎると、室内はもっと快適に。
「快適!熱シャット工法」が新築にもリフォームにもおすすめです。

1. 屋根と下地の間に通気層「2重野地板構造」

屋根下地の野地板を2重にし、上下の野地板の間に空気の通り道を設け、熱気や湿気を排出します。

img_mecha01
2. 輻射熱をさえぎる「遮熱シートLite」

輻射熱をシートのアルミ箔部分で反射させることで、遮熱効果を発揮します。

img_mecha02
3. 新鮮な空気を取り込み、遮熱効果アップ

通気層に空気を取り込むために、軒先に換気口を設けます。常に新鮮な外気が取り込まれることで、遮熱効果がいっそう高まります。

img_mecha03
4. 通気層の熱気や屋根裏の湿気を排出

通気層に溜まった熱気は「換気棟」から外部へ排出。さらに屋根裏の熱気・湿気も同時に排出し、屋根裏を常に快適で健康な状態に保ちます。

img_mecha04
夏場の屋根裏温度を低下させ、室内への熱伝達を低減します。
natsuba_image

屋根面で遮熱・排気するケイミューの「快適!熱シャット工法」。当社で実験を行なったところ、通常工法の屋根に比べて屋根裏温度が約12℃低く保てるという結果が得られました。

熱シャット工法関連部材
性能はそのまま施工性アップ
遮熱シートLite

性能はそのままに、「快適!熱シャット工法」用の遮熱シートが新しくなりました。コスト高の要因であった、反射部のアルミ箔を、全面アルミ蒸着膜にすることでコストダウン。さらに、現行の遮熱シートと比べて、屋根に上げる本数が減少し、施工性が向上します。

サイズ 幅1m×50m×厚み約0.35mm
品番 KLBH1000
価格 20,000円/本(税抜)
質量(重量) 6kg/本
入数 1本入
shut_img2