やねっこ吹き付け

横浜市緑区長津田・E様邸、屋根吹き付け工事が完工

屋根塗装不可能となった屋根材(かわらU)を陶器瓦粉砕チップ材で吹き付け。
葺き替えなどで引き上げた陶器瓦を粉砕し、屋根吹き付け材として再生。
産廃処理せずに再利用させた、環境に優しいリサイクル商品です。
{445DB5CC-0F73-4ED4-B226-25EFA4CCE375:01}
本体表面の剥がれ

 

{847D90A2-3DDA-4618-95F0-A028046AF0DC:01}

 

{BD46B5E8-6588-47C3-91A3-E78CAD9BE292:01}

 

{EF494B29-9418-49A5-B76D-41301B2AAE11:01}

 

{B16778B4-EA72-4C56-97A9-567CFB733662:01}
本体のクラックや割れ

 

{1FDD7C6E-830D-4156-9932-C7E0553A308F:01}
棟部 スポンジ棟面戸の劣化

 

{96A24261-A492-4CAA-B511-179152FAAB3E:01}
屋根全体に広がる屋根材の経年劣化
一時期カバー工法用屋根材として普及したセキスイかわらU。
コロニアル屋根材やトタン屋根材などに重ね葺きしている為、この様に経年劣化した使用不可能な屋根材の場合には、通常葺き替え工事が必要になります。
しかし、やねっこ(陶器瓦粉砕チップ材)を吹き付けする事により、クラックや表面の剥がれなどを補強しながら、強度を再生する事が出来ます。
耐久性は塗装の2倍、また屋根葺き替え工事に掛かるコストの3分の1で抑える事の出来るコストパフォーマンスの為、経済的にもお得なリフォームです。
{F01FF69A-89BA-4D7A-A21B-60E51F1D4647:01}
高圧洗浄後にクラックなどの下地防水処理した後、プライマーで下塗りをします。

 

{4EC45B7D-E94C-400D-A5D7-E52E9185636F:01}
{FEB6749E-2C6A-45A0-AB5D-B7741931239E:01}
{E8360507-279F-4272-88BA-B37762F547D3:01}

 

{58B97EF6-D40B-487A-B1E4-5C581765AD6A:01}
{E696F3A5-B80B-46CD-9A6E-0690F1CAE53B:01}
{F411E3F8-9411-4F60-A53E-BF656F52ABF1:01}

 

{2AA25EEA-3A79-4024-AEC0-98400D9AF150:01}

 

{8F3DDC6E-E6C8-45AD-A213-20B716F33BA1:01}
{5ACAA416-F641-49AE-A363-B407789BA4D4:01}

やねっこ仕上がり

再生不可能な屋根を再生する事の出来る、屋根の救世主です。
施工担当者 永田屋根工事技士

コメントを残す

Your email address will not be published.