陶器瓦屋根 ガイドライン工法

横浜市泉区下和泉

H様邸(A社請負)

陶器瓦屋根、葺き直し改修工事が完了

地震や台風などの影響により耐久力の低下した棟部、また既存防水シートの経年劣化により雨漏りのある陶器瓦屋根。

既存の瓦を再利用させ、国交相及び一般社団法人全日本瓦工事業連盟の推奨するガイドライン工法を用いて、地震や台風などの自然災害に強い屋根へと仕上げます。

◯陶器瓦屋根 耐震・耐風補強葺き直し改修工事前

・既存屋根瓦の解体

・既存瓦屋根桟木の撤去

・新規防水シート貼り及び新規瓦桟木打ち

・軒先面戸(雀除け)設置

・桟瓦全枚数ステンレス釘止め

・雨漏り箇所 下地腐食部

・雨漏り箇所 野地下地木部交換補修

・雀の巣撤去

・隅棟部 耐震用補強金具設置

・隅棟部 耐震棟用鉄筋固定

・隅棟部 ステンレス番線内部緊結

・陸棟部 耐震用補強金具設置

・陸棟 耐震棟用鉄筋固定

・陸棟 ステンレス番線内部緊結固定

・軒先瓦 ステンレス釘・ステンレスビス3点止め固定

・ケラバ部 ステンレス釘・ステンレスビス3点止め

・陶器瓦屋根 耐震・耐風補強葺き直し改修工事後 仕上がり

コメントを残す

Your email address will not be published.