陶器瓦屋根葺き直し工事 ガイドライン工法

横浜市泉区中田東

S様邸(A社請負)

陶器瓦屋根葺き直し工事が完了

既存天窓(明かり取り)回りからの雨漏り修理、各棟部の施工不良などを改修するため、既存の陶器瓦を再利用させ屋根の葺き直しを行います。

既存の瓦自体が防災仕様、新規葺き直しでは(社)全日本瓦工事業連盟の推奨する、ガイドライン工法(耐震・耐風)を採用し、地震や台風など自然災害に強い屋根へと仕上げ、屋根全体を補強し付加価値を付けます。

◯陶器瓦屋根葺き直し改修工事前

・既存陶器瓦のずれ込み

・瓦引っ掛け桟木の腐食

・既存棟部 旧式施工

・雨漏り部

・雨漏り部

・天窓回り防水処理施工

・新規防水シート貼り及び新規瓦引っ掛け桟木打ち

・軒先瓦 ステンレス釘止め及び7型釘止め施工

・本体施工 桟瓦全枚数ステンレス釘止め

・その他平部 既存の防水シートは良質材のため、再利用します

既存瓦引っ掛け桟木への桟瓦全枚数ステンレス釘止め

・棟部施工

・耐震用補強棟金具設置

・棟金具にたいし棟芯垂木固定

・棟部漆喰塗り施工

・棟部 棟瓦全枚数ステンレスビス止め固定

◯下屋根 陶器瓦屋根葺き直し改修工事前

・ケラバ瓦ステンレスビス止め固定

◯下屋根 陶器瓦屋根葺き直し改修工事後 仕上がり

コメントを残す

Your email address will not be published.